ドッグダンス

全犬種

ドッグダンスコース

ドッグダンスは、犬と人が音楽に合わせて一緒に踊る、自宅で練習できるドッグ・アクティビティ。
一頭一頭の個性が生かせ、それぞれのペアのオリジナルな世界が作れると話題のドッグダンス。犬の体を全方位的に動かすことができるため、体の老化防止にもつながります。飼い主との絆が深まることで、問題行動のコントロールにも応用されています。
趣味レベルから競技レベルまで、飼い主様に希望に合わせて豊富なカリキュラムを用意しています。

ドッグダンスはこんなアクティビティです

ドッグダンスは、犬も人も年齢や障害があっても、そのペアの個性を生かした演技内容で構成でき、狭小スペースでも練習できます。

本格的に競技会を目指す方や
プロのトレーナーにも指導しています

正式の競技会では、4分以内でモチベーション(おやつ・おもちゃ)を持たずに1曲を踊るため、犬に服従訓練が必要となります。
当スクール・代表は、各種オビディエンス競技会で優勝・入賞経験があり、「犬の集中力」を高める訓練方法について精通しています。

イベントで輝くオーナー様と愛犬たち

年に2回開催しているドッグダンス・競技会発表会には関東、関西からたくさんの方にご参加いただいています。

開催スケジュール

対象
おおむね1歳〜
参加費用
個人30000円(60分×5回・回数券)
開催日程
開催スケジュール参照のうえ、ご希望レッスン日をお選びください。

ドッグダンス・トレーニング・
メソッドについて

当クラブが推奨するドッグダンスは、主に3つのトレーニング方法から、犬に動きを習得させます。

ルアーリング

オヤツ・オモチャを使って動きを誘導し形成する。家庭犬のしつけで多様されている方法。

  1. 1
  2. 2

ターゲティング

目標物を設定し、それに向けて犬が移動、体の一部・足などを接触させて動きを習得させる。

  1. 1
  2. 2

キャプチャリング

人の指示無しで犬が自発的に行った動作に対して、クリッカーを鳴らして強化していく。

  • ※ルアーリングだけで訓練してきた犬には、まず「自分で考える」思考を教える必要があります。下記の動作は一例です。「ピンク」の目標物に行くことを導こうとしています。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

その他、特有の訓練用具を用いたトレーニング

上記の方法以外に、当クラブのオリジナル・トレーニング方法として、特有の訓練用具も使用して教えています。
これは使役目的で犬種形成されていない愛玩犬(トイプードルやチワワなど)を競技レベルにするために、トレーニングの過程を細分化、工夫して教える必要から生じた、道具や方法です。
トレーニングに慣れていない犬、意欲が高くない犬のトレーニングにも、一定の成果が出ています。

ドッグダンスの
基本ムーブは4つ

犬の体を均等に全方向に動かすことが健康につながります。

  1. 1一緒に歩く

  2. 2回転系

  3. 3ウィーブ

  4. 4遠隔系

注意事項

各コースや、イベント、保育園をご利用するにあたって、下記の注意事項をご確認ください。

  • 飼い主様は、動きやすい服装でお越しください。ヒールのある靴やロングスカートは、ご遠慮ください。

  • 犬への報酬として、オヤツやオモチャを多用します。ご用意ください。

  • 参加時は、伸び縮みしないリードに首輪装着でお願いします。
    フレキシブル・リードや胴輪はトレーニングに適さないことがございます。

  • レッスンやイベント、保育園参加は、混合予防接種・狂犬病注射を受けている犬に限ります。

  • ヒート中の犬・または終了して2週間以内の犬は参加ができません。振替をさせていただきます。

  • レッスンや保育園利用時は、スタッフの指示に必ず従って下さい。従って頂けない場合にはご退室をお願いする場合もございます。(費用は返金致しません)。

  • 犬の排泄物は各自責任を持って処理をお願い致します。 二子新地教室前の私道での犬の排泄は、ご遠慮ください。

  • レッスン・イベントや保育園開催中の写真、動画につきまして、ホームページ、雑誌、DDCのFACEBOOK、広告などに掲載させて頂くことをご了解ください。

  • イベント中に、各メディア(雑誌・TVなど)の取材・撮影がある場合、記事掲載・放映されることをご了承ください。

  • 災害等開催環境の悪化による延期・事前告知の中止などの場合、その旨、ご了承をお願いします。参加費はご返金いたします。

  • すべてのレッスン・イベント・保育園とも前日から100%のキャンセルチャージがかかります。欠席のお申し出は前々日までお願いします。競技会などの特殊なイベントは、都度ごとにキャンセル規定を設けます。

    ※二子新地教室のみ変更1回までキャンセルチャージがかかりません。

  • 会場内での、犬同士、参加者同士のトラブルは、当事者で話し合いのうえ、双方の責任のもと、解決してください。主催者は責任を負いません。

  • 欠席連絡は、お願いします。

  • イベントやグループ・レッスンにおいて、催行最低人数に達しない場合は、開催を中止する場合があります。その場合、事前にお知らせします。

よくあるご質問

Q.予約は必要ですか?
A.はい、必ずお願いします。
原則、レッスン日の1週間前までにメール・または電話でご希望日程や指導希望内容をお伝えいただきお申し込みください。二子新地教室は、当スクールの専用スペースですが、田園調布会場は、他団体との共有で管理人も常駐していません。急な予約無しのご来訪はご遠慮ください。
予約のお申し込みはコチラ
Q.駐車場はありますか?
A.各会場・教室、徒歩5分以内にコインパーキングが複数あります。
二子新地会場のプライベートレッスンに限り、教室前の駐車場に駐車できます(1回500円、車の大きさ制限あり/要予約)
Q.躾(しつけ)をするのは、犬がかわいそうでないですか?
A.犬の生態とヒトの生態は全く違います。
犬を擬人化して接している飼い主様を、日本では多く見受けられますが、「好き勝手にさせる」「しつけトレーニングをしないで犬まかせ」は、決して犬のためには決してなりません。
犬は野原で生息しているのではなく、飼い主様・皆様の自宅で家庭の一員として生きています。犬にはヒトが定めた社会的ルールを理解してもらい、また飼い主様も犬特有の生活習慣や物事への捉え方を勉強し、ストレスのない環境を用意することで初めて、「健康で長生き、満ち足りた生活」を犬が送れます。
ご愛犬と一緒に過ごした時間は、飼い主様にとっても宝のような時間であることは言うまでもありません。
Q.他のドッグ・スクールとの違いは何ですか?
A.当スクール代表は、訓練の容易な作業犬種ではなく、あえて日本の飼育頭数No1愛玩小型犬・トイプードル3頭を迎え、トレーニング技術を磨くため、競技会やデモンストレーションに参加、数多く入賞・優勝し現場で活かせる技術を研鑽してまいりました。
経験と見分から生まれた、独自のトレーニング方法を用いて、飼い主様の期待以上の結果を出すために全力を尽くす、そこが他のスクールとの相違点だと自負しています。
他のスクールで結果が得られなかったかペアも、短期間で大きな進歩があったと評価をいただいています。

ページトップ▲